舞台で使うリノリウムの感染防止対策

バレエや演劇などで使うリノリウムは、使用後は水モップで拭くだけのホールや劇場がほとんどだと思います。
しかし、リノリウムの上では裸足で踊ったり寝そべったりすることもあるため、コロナウィルスの感染拡大の観点から見ると水モップだけでは不十分だと考えられます。

そんな中、Twitterで除菌性能のある身近に手に入りやすい掃除製品を使って実験をした方がいます。

という本人たっての希望だったので、お言葉に甘えてパクります。

この実験は私が行いました。

用意するもの

まずはリノリウムを3種類用意します。

  • 厚くて裏に縦糸横糸通ってて丈夫で、ロールだとクソ重いアレ
  • 表は黒、裏が白で厚みは中くらいの、よく見るやつ
  • 表は黒、裏がグレーで厚みは薄めの、あんまり高くないやつ

それから掃除に使う商品

  • クイックルワイパー フロア用掃除道具 ウェットシート
  • セスキの激落ちくんシート フローリング用
  • 無水エタノール
  • ウェス
  • 雑巾
サッと仕上げぶき。1枚で広々サッパリ! ベタザラ・菌すっきり!
◆リビングの皮脂汚れに◆テーブルやスイッチに◆弱アルカリ性
冷蔵庫の外側・照明器具のカサ・鏡等、生活用具など殺菌消毒したい部位にお使いください。

さっそく実験開始

雑巾でさっくりと水拭きをします。

続いて、用意した掃除用品で拭いていきます。左が界面活性剤入りフローリングシート、真ん中は界面活性剤無しセスキ&アルカリ電解水シート、右が無水エタノールとウエス。

まずは用意した端切れリノで1番面積の広い裏白厚み中のリノリウムで拭き取り検証。同じくらいの力を掛けて拭き取り掃除をして、手を拭いてからスマホ構えて写真を撮ります。この時点で既にエタノールは完全に揮発しているのが見て取れます。

他2枚のリノリウムでも同じ作業をします。やはり手を拭いている間にアルコールは揮発しています。

どのリノリウムを拭いた時でも、シートの違いによる汚れの落ち方はほぼない様子です。ただし、アルコールは揮発が早過ぎてウエスがひたひたになるほど塗布しても拭いてるうちに乾いてくるので、何度もウエスを濡らさないといけません。
作業効率とアルコールの消費効率が悪過ぎるので、現実的ではないです。

拭き掃除後、送風機で風を当てて乾かしてみた結果です。写真では少し分かり難いかもしれませんが、セスキ&アルカリ電解水シートは拭きムラが出ています。
そして、懸念された界面活性剤による変質や滑りは、素手で触ったり作業靴で踏んだ感じでは水拭きと変わらないように感じます。

実証実験の結果を受けて

という事で、結論。

検証した範囲では界面活性剤入りフローリングシートが清掃能力、期待される除菌性能、入手性、使い勝手のバランスが一番良さそうです。
ダンサーが界面活性剤入りというのを気にするようであれば、フローリングシートの後に水拭きでよいのではないかと思われます。

なお、上記にある製品の紹介はアフィリエイトリンクです。(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です