スプリンクラー設備の種類

スプリンクラー設備は、固定消火設備の一種です。火災が発生したときに天井面に設置されているスプリンクラーヘッドが感熱作動により自動的に検知。そのスプリンクラーヘッドから火元とその周辺に水を水滴状に放水落下させ、火災を初期段階で消火します。初期消火の成功率は96.2%と高く、ほとんどの場合が一個から二個のスプリンクラーヘッドで消火し、水損もわずかという効率の良い消火設備です。

スプリンクラー設備の種類

閉鎖型乾式スプリンクラー

寒冷地で配管凍結の恐れがある場所に設置されます。熱を感知すると、感熱部が溶けて検知装置が働き、放水します。

閉鎖型湿式スプリンクラー

配管内の水が凍結することのない事務所、ビル、倉庫などに設置されます。スプリンクラー設備としては、最も一般的に使われている方式です。

  • 放水量=毎分80リットル
  • 放水時間=約20分
  • 放水温度=72度/96度の2種類

開放型スプリンクラー

劇場やホールの舞台上部など、大空間で高天井を要する場所には、開放型スプリンクラーが設置されます。火災報知器と連動して作動しますが、放水は手動でも行えます。

放水量は毎分80リットルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です