ケーブルの種類

ケーブルは、導体を絶縁物で被服して、その上をさらに絶縁と保護のために被服で覆った電線です。キャブタイヤケーブルの中には、舞台では使用できない種類もあるので覚えておきましょう。

絶縁体およびシースの材料による分類

種類 記号 絶縁体 シース 特徴
キャブタイヤケーブル CT 天然ゴム 天然ゴム 他に比べ耐熱性・耐油性が高い
クロロピレンキャブタイヤケーブル RNCT 天然ゴム クロロピレンゴム 耐候性・耐摩耗性に良好で、耐油性に富む
EPゴムプロロピレンキャブタイヤケーブル PNCT EPゴム クロロピレンゴム 耐熱性に優れ、許容電流が大きい。CT、RNCTと比べて外径、重量が小さい

構造による分類

1種
外側の被服のシース、金属線の導体、導体を覆う絶縁体でできている。軽易な用途で使用するもの。外傷の恐れの少ない状況下が適している。
2種
1種と同一構造で、ゴムシース材料の特性を良くし、外傷に対する強度を増したもの。
3種
シースの中に導体を覆うように補強帆布でできた補強層を加えた構造。耐衝撃性、耐磨耗性、耐外傷性に優れたもの。厳しい状況下に優れている。

演出空間での使用

キャブタイヤケーブル

1CT(1種キャブタイヤケーブル)
使用禁止
2CT(2種キャブタイヤケーブル)
屋内のみ使用可
3CT(3種キャブタイヤケーブル)
屋内のみ使用可
4CT(4種キャブタイヤケーブル)
屋内のみ使用可

クロロピレンキャブタイヤケーブル

2RNCT(2種クロロピレンキャブタイヤケーブル)
屋内のみ使用可
3RNCT(3種クロロピレンキャブタイヤケーブル)
屋内のみ使用可
4RNCT(4種クロロピレンキャブタイヤケーブル)
屋内のみ使用可

EPゴムプロロピレンキャブタイヤケーブル

2PNCT(2種EPゴムプロロピレンキャブタイヤケーブル)
屋内、屋外ともに使用可
3PNCT(3種EPゴムプロロピレンキャブタイヤケーブル)
屋内、屋外ともに使用可
4PNCT(4種EPゴムプロロピレンキャブタイヤケーブル)
屋内、屋外ともに使用可

ビニルキャブタイヤケーブル

種類 ビニルキャブタイヤケーブル
記号 VCT
絶縁体 ビニル
シース ビニル
特徴 ゴムキャブタイヤケーブルよりも耐熱性、耐油性に優れている。使用温度60℃以下の屋内配線用として使用。
演出空間での使用は使用禁止
種類 ビニルキャブタイヤケーブル
記号 VCTF
絶縁体 ビニル
シース ビニル
特徴 断面が小判型のビニルキャブタイヤケーブル。規格はVCTと同じ。演出空間での使用は使用禁止

低圧ケーブル

種類 600Vビニル外装ケーブル丸形
記号 VVR
絶縁体 ビニル
シース ビニル
特徴 屋内、屋外用、地中線用
種類 600Vビニル外装ケーブル平形
記号 VVF
絶縁体 ビニル
シース ビニル
特徴 屋内、屋外用、地中線用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です