UP/DOWNフェーダーの注意点【F153】

あるダンスイベントでUP/DOWNフェーダーを使っていて気付いたことです。

リハーサル前にCUEを打ち込み、リハーサルが始まってCUE1へUP/DOWNフェーダーを返したところ、キッカケで明かりが出ないということがありました。
原因は、UP/DOWNフェーダーのMANボタンが消灯していたことです。そんなことが何度かあり、後日検証をしてみました。

原因が判明

F153は、再生したシーン明かりを払うのに、メモリー操作キーのGO TO CUE →0 → ENTERで暗転になります。しかし、この操作をすると、MANボタンが消灯、タイム再生モードへと切り替わります。これを防ぐには、LOAD NEXT → 0 → UP/DOWNフェーダーを返して暗転という操作が必要になります。

操作前にMANモードになっていれば確認すればいいだけの話なのですが、さっきまでMANモードで使っていて切り替わっているなんて思わないわけで。
せめて、UP/DOWNフェーダーを返し切ったら、MANモードに切り替わってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です