CUEの呼び出しと操作【F153】

CUEをUP/DOWNフェーダーに呼び出す方法と、暗転CUEの呼び出しについてです。

アップダウンクロス部の説明

UP/DOWNクロス部の各操作説明です。

指定CUEを呼び出して再生する

メモリーデータ入力操作部で呼び出して再生

メモリ操作部で”GO TO CUE”を押し、テンキーで呼び出すCUE番号を入力し、ENTERを押せば実行CUEとして再生されます。NEX CUEには自動的に次CUEが呼び出されます。

NEXT CUEに再生するCUEを入力して再生

メモリーデータ入力操作部で”LOAD NEXT“を押し、テンキーで呼び出すCUE番号を入力、GOボタンもしくは”MAN“ボタンを押してUP/DOWNフェーダーで指定CUEを再生します。

NEXT CUEの+-ボタンで呼び出して再生

NEXT CUE欄の+もしくは-で再生するCUE番号を呼び出して、GOボタンもしくは”MAN”ボタンを押してUP/DOWNフェーダーで指定CUEを再生します。

再生しているCUEをOUTする

現在再生しているCUEの明かりを落としたいときは、暗転CUEを呼び出して消灯させます。”CUE 0″はデフォルトでメモリされている暗転CUEです。

再生しているCUEを早送りして次CUEを再生する

タイム再生しているときに、急遽次CUEに進行しなければならなくなったときは、エンコーダを右回しすることのよって早送りすることができます。また、左に回すとCUEのタイムを遅くすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です