F153-System

F153-System

マクロの設定

マクロとは、複数の手順を記憶して自動的に実行させる機能のことを言います。F153では、操作手順をマクロに組むことができます。マクロを組むことで、複雑な操作も時間短縮することが可能です。うまくマクロを組んで、効率のよい操作 […]

F153-System

フラッシュスイッチの選択モード

フラッシュスイッチモードは、UP/DOWN(CUEの明かり)、EFFECT、SUB、プリセットのフラッシュスイッチの設定ができます。設定によって、フラッシュの種類を選択することができます。 各フラッシュスイッチモードの説 […]

F153-System

持ち込み卓操作時の処理

外部業者の対応時にホールの調光卓でパッチ、持ち込みの調光卓で操作する場合の処理方法です。 MENUからシステムセットアップに入り、下記のように設定します。 リモコン受信機に挿してあるDMXケーブルを持ち込み卓へと渡せば完 […]

F153-System

F153の操作履歴を見る

キーログは、キーの操作履歴を表示します。キー操作が時間とともに表示されるので、不具合があった場合はその起きた時間を記録しておくと、メーカーが解析するときの手助けになります。 データ解析には、非常に多くのデータを解析するた […]

F153-System

データの一括消去

SUB,CUE,EFECTそれぞれ、各個払いでデータを消去することもできますが、大量のデータがある場合は、一括消去した方が早いです。ただし、消したくないデータがある場合は、あらかじめFDDに保存しておいてください。 各一 […]

F153-System

データの保存と読み込み

FDDによるデータの保存方法です。形式は、JASCII/COMOSはもちろんのこと、松村製のF151-2DD/F151-2HD/F210にも対応しています。データは、F153データがパッチ・キュー・サブ・エフェクトなど、 […]